トラウトルアーフィッシング釣行記録

としまえんフィッシングエリア2014年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水温低めで低活性...リトリーブスピードの変化と細かいレンジ刻みがポイント!

低活性時は丁寧に拾う!としまえんフィッシングエリア 2014年第1戦目

2014年の初陣。
都会のオアシス、としまえんフィッシングエリアからスタートです。

としまえんフィッシングエリアは、2012年11月以来の釣行となります。
今年を占う1発目は、果たして狙い通りの展開となったのでしょうか…?

スポンサーリンク

反応渋め

11時過ぎ、釣り開始。
充分に日も昇り、水温が上昇してきているはずです。

いつものように、ナイアガラエリア東側に入ります。
ルアーは基本的に、スプーンのみで勝負です。

微風で天気も良好

まずはゴッドハンズ・彩斗1.2gで様子見。
しかし反応が出ません。

プレッソ・レイブ1.5g、Aniデザイン・ナウススプーン1.4g、カーディフ・ロールスイマー1.5g、ゴッドハンズ・瀾竜1.5g、アングラーズシステム・バックス1.5g…

レンジをどんどん下げていきますが、つつくようなアタリのみで乗りません。

水温が低いせいか、トラウト達の動きが鈍そうです。
となれば、超デッドスローで…。

ラインがフワッと動く程度のアタリですが、積極的に掛けに行ってポツポツ掛かり始めます。
カラーはシルエットがボヤける、ホワイトやラベンダー、チェリーあたりが好調でした。

昼は魚が若干散り始める

昼を過ぎ、俗に言う"釣れない時間帯"に入ってくると、魚が散り始めます。

ベタ底にいる個体もいれば、上を意識する個体も出始めます。
またデッドスローで食ってくる個体もいれば、速めの巻きに反応する個体も出始めます。

狙い所がよくわからなくなりますが、勘で状況を把握していきます。
少しでもアタリが出た方法が、正解に最も近い方法ということで、こまめに狙い方を変えていくわけです。

"多分、今はボトムの魚を拾った方が効率が良いかも…。"
"今は、浮いた魚を速めの巻きで獲った方が効率良いかも…。"

16時くらいまでこの方法で、ポツポツ追加。
カラーはカーキやブラック、ブラウンなどの、シルエットがはっきり出るものが好調でした。

相変わらず、気持ち良くラインが入っていく状況は少ないのですが、わずかなライン変化を捉えていく我慢の展開。
水温が低いので仕方ないですね。

日が傾き、2014年初陣が終了

16時を過ぎ、日が傾いててくると、魚の食い気が落ち始めます。
これも冬のセオリーですね。気温も落ちてきたので、粘らず素直に終了しました。

終了前に本日初のイロモノ、ブルックトラウト

2014年1発目は、そこそこ数が出た、納得できるゲームになりました。

低活性時は少し難しい…振り返り

水温が思ったよりも低かったので、スローな攻めで、食いが浅い微妙なアタリを拾っていくゲームでした。

としまえんフィッシングエリアは放流量が多く、ナイアガラエリアはトラウトの型が大きくない分、数が多く入っています。

そのため基本的には、巻きの釣りが終日成立します。
渋った時間帯でも"縦釣りしか手が無い"という状況には陥りにくいので、巻き釣りファンの方には良い釣り場かもしれません。

ルアーカラー

シルエットがボヤけるホワイト、ラベンダー、チェリー。そしてシルエットがはっきりと出るブラック、ブラウン、カーキ系。
どちらもローテーションでコンスタントにヒットしました。

どっち付かずではなく、シルエットがぼやける色と、はっきり出る色が好反応

光り物も差しで入れると反応しましたが、蛍光系はあまり芳しくありませんでした。

アクション

ブリブリのウォブリングよりは、ウォブンロール、あるいはローリング系が良い反応でした。
ウォブンロールで釣り切った色でも、アクションだけローリング系に切り替えると、また釣れ出したりしました。
スプーンのストックを持っておくのは大事ですね。

リトリーブ

基本的には、超デッドスローか少し速めの素直な巻きで釣れ続けました。
リトリーブの途中で1度ボトムに落とし、再度巻き始めるメソッドも有効でした。
下に張り付いているトラウトが多かった証拠でもありますね。

その他気付いたこと

水の流れがある場所が、やはり狙い目ですね。
ナイアガラエリアでは水車の筋が最も良いのですが、手前にあるカレントも見逃せませんね。

もう1つ重要なのは、日当たりが良いところを狙うことでしょうか。
この時期は、少しでも水温が高そうなところを狙っていくと良いと思います。

これから行かれる方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィッシングデータ

釣行日
2014年1月23日(木)
水温・気象状況
  • 水温 : 2.1度
  • 天気 : 晴れ
  • 風向き : 北西
タックル
  • ロッド : ufm SS-62EXL・改
  • リール : DAIWA 05 EXIST 1003
  • ライン : YAMATOYO FAMELL TROUT SIGHT EDITION 2.5lb + Seaguar R18 FLUORO LTD. 1.5lb
  • ルアー : 1.2g〜1.5gスプーン
釣果

ニジマス(レインボートラウト)、ブルックトラウト

フィールドマップ

大きい地図で見る (Google Mapsへ)

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

ルアーフィッシングマニアのフィード登録はこちらから

この記事と関連したルアーフィッシング釣行記録はこちら

としまえんフィッシングエリア 2017年第1戦目

としまえんフィッシングエリア 2017年第1戦目

としまえんフィッシングエリア2017年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。約2年ぶりの管理釣り場釣行で内心ドキドキ...実際は、アタリの出し方もルアーローテーションもなんとか大丈夫!

としまえんフィッシングエリア2017年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。約2年ぶりの管理釣り場釣行で内心ドキドキ...実際は…

2017年2月13日

としまえんフィッシングエリア 2014年第3戦目

としまえんフィッシングエリア 2014年第3戦目

としまえんフィッシングエリア2014年第3戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。強風の合間を縫ってキャスト、掛けの釣りと乗せの釣りを使い分けて、数を稼ぐ!

としまえんフィッシングエリア2014年第3戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。強風の合間を縫ってキャスト、掛けの釣りと乗せの釣りを…

2014年12月25日

としまえんフィッシングエリア 2014年第2戦目

としまえんフィッシングエリア 2014年第2戦目

としまえんフィッシングエリア2014年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。アングラーが少なく、願ってもない低プレッシャー!アンダー1gで水面直下を狙い、文字通り大爆発!

としまえんフィッシングエリア2014年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。アングラーが少なく、願ってもない低プレッシャー!アン…

2014年2月13日

としまえんフィッシングエリア 2013年第9戦目

としまえんフィッシングエリア 2013年第9戦目

としまえんフィッシングエリア2013年第9戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。イロモノが好反応!

としまえんフィッシングエリア2013年第9戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。イロモノが好反応!

2013年11月14日

としまえんフィッシングエリア 2013年第8戦目

としまえんフィッシングエリア 2013年第8戦目

としまえんフィッシングエリア2013年第8戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水温が高く、反応が鈍い苦しいゲーム展開。

としまえんフィッシングエリア2013年第8戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水温が高く、反応が鈍い苦しいゲーム展開。

2013年4月11日

としまえんフィッシングエリア 2013年第7戦目

としまえんフィッシングエリア 2013年第7戦目

としまえんフィッシングエリア2013年第7戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。リズムに乗れず、集中切れ。

としまえんフィッシングエリア2013年第7戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。リズムに乗れず、集中切れ。

2013年3月7日

全ての釣行記録一覧を見る

この記事に寄せられたコメント [ 0 件 ]

現在、コメントは寄せられていません。

この記事へ意見・感想・質問を寄せてみましょう

Contact form

スポンサーリンク