トラウトルアーフィッシングコラム

フィート、オンス、ヤード、ポンド...ルアーフィッシングで使われる様々な単位を備忘録として整理しました。

ルアーフィッシングで使われる単位のおさらい

釣りには普段聞き慣れない、様々な単位が登場します。

フィート、オンス、ヤード、ポンド…ルアーパッケージや製品スペックに登場する、様々な単位。
正しく理解して使いこなすことができれば、タックル選びやセッティングに幅が広がること間違いなしです。

私自身の備忘も兼ねて、ルアーフィッシングで使われる代表的な単位をまとめてみます。

スポンサーリンク
 

長さを表す表記

1ヤード(yd) 91.44cm
1インチ(in.) 2.54cm
1フィート(ft.) 30.48cm
1尺(しゃく) 30.30cm
1ひろ 約120cm~160cm

ヤード(yd)

VARIVAS SUPER TROUT Advanced パッケージイメージ

ルアーフィッシングの世界ではあまり使用されることは無いかもしれませんが、フライフィッシングやラインでは基準として使用されます。

例えばVARIVASなどはメートル(m)ではなくヤード(yd)を基準としているようで、100m巻きではなく91m巻きで発売している製品を多く見かけます。

フィート(ft.)、インチ(in.)

長さを表す単位で多く使用されるのは、この2つでしょうか。
特にロッドが顕著ですが、5'6"(5フィート6インチ)など、フィート(ft.)とインチ(in.)を組み合わせた表記もあります。

たまにプロの方も間違えているのですが、1フィートは10インチではなく12インチなので、例えば5'6"のロッドを5.6フィートと記述してしまうと、長さが全然違うものになってしまいます。

どうしてもフィートにしたい場合は、この場合5.5フィートと記述すれば問題ありません。

尺(しゃく)

30cmの目安で、日本で昔から使われています。
尺やまめや尺物という使われ方をします。

ひろ

両手を広げた間を1ひろ(ひとひろ)と言います。主にリーダーの長さを測る時などに使用します。
個人の体格によって違ってきますので、数値は目安となっています。

重さを表す表記

1オンス(oz) 28.35g

オンス(oz)

ufm GG-750H イメージ

海外製品やバスタックルではオンス(oz)表記が主流で、覚えておいて損はありません。
例えばネイティブフィールドで使うような1/4oz(約7g)や3/4oz(約21g)などは、単純に1oz(28.35g)から割ってあげれば良いということになります。

スポンサーリンク

ライン強度を表す表記

1ポンド(lb) 453.6g
1号(ごう) 1814.4g(約1.8kg)

ポンド(lb)

1ポンド(lb)のラインは、約453.6gより負荷が掛かると切れるよう設計されていることになります。
個人的にポンドの場合はこの負荷計算よりも、「この重量のルアーを投げる釣り、こういう攻め方、このシステムはこのくらいのポンド」というように覚えてしまっています。

理由は2つあります。

まず1つ目は、ルアーの重量はもちろんですが、ルアーやリーダーの結束強度によってもタックル全体のシステム強度が違ってくるため、単純にラインだけの強度計算で決定しきれないためです。

2つ目は、同じ魚を狙うにしても攻め方や場所によって、掛かった時に多少強引に抜かなければならないのか、余裕を持って遊ばせられるのかが違ってくるからです。

参考までに、私がどういう状況の時に何ポンドを使用しているかについては、各釣行記録の"フィッシングデータ"を参考にしていただければと思います。

号(ごう)

Seaguar Grand Max パッケージイメージ

国内メーカーのリーダーには号表記が多いので、ポンド表記との対応目安を知っておくとより便利です。

2lb 0.6号
3lb 0.8号
4lb 1号
5lb 1.2号
6lb 1.5号
8lb 2号
10lb 2.5号
12lb 3号

目安としては、ポンドから号に変換する時は0.25を掛け、号からポンドに変換する時は4を掛ける、と覚えておくと良いと思います。

単位変換を網羅する便利グッズ

Android端末をお持ちの方は、このアプリケーションが単位変換に大変便利です。

釣り単位変換(開発:erikori)

釣り単位変換 イメージ

釣具屋でわからなくなった時は、このアプリケーションと睨めっこすればすぐに解決するでしょう。
なかなか取っつきにくい、PEの号数変換まであるのは、便利ですね。

単位を把握する必要性

単位を理解すると、タックル選びやセッティングに、自分なりのロジックと正確性が加わります。
数字はニガテと敬遠しないで、便利なツールも駆使して少しずつ覚えてみてください。きっと釣りの幅が広がるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

ルアーフィッシングマニアのフィード登録はこちらから

この記事と関連したルアーフィッシングコラムはこちら

全てのコラム一覧を見る

この記事に寄せられたコメント [ 0 件 ]

現在、コメントは寄せられていません。

この記事へ意見・感想・質問を寄せてみましょう

Contact form

スポンサーリンク