トラウトルアーフィッシング釣行記録

としまえんフィッシングエリア2013年第3戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。渋いけど巻きのみで勝負!

少しスレ気味!としまえんフィッシングエリア 2013年第3戦目

文字通り爆釣だった1週間前、2013年1月下旬のとしまえんフィッシングエリア釣行
良い息抜きができそうだからということで、久々にN@O氏を誘っての釣行です。

スポンサーリンク

少し様子がおかしい

いつものように11時頃から開始。
先週と同じように重めのスプーンをキャストしますが、どうも芳しくありません。

掛かることは掛かりますが、連続ヒットが出ず、我慢の展開

ウェイトを思い切って軽くしたり、少しだけ重くしたり、色々試しますが、釣果はポツポツ。
いつもの1.5gスプーンで反応は出ますが、先週までの爆発ぶりはありません。

1本獲ったら、ルアーチェンジするまで後が続かない状況。
今回は少しスレているようです。

ヒットレンジは刻々と変化

ヒットレンジは一定にならず、上でアタっていたかと思ったら次は少し下、下でアタったかと思ったら続かずに次は上、など気まぐれな状況。
それだけ散っているということで外的コンディションは良いとも言えますが、我慢して魚の動きに合わせていきます。

アタリもやはり段々シビアになり、昼は乗せの釣りではフッキングしづらい状況に。
掛けの釣りで微妙なアタリを獲っていきます。
前回感じた通り、視認性バッチリのナイロンを巻いてきて良かったです。

アンダー1gの世界

日が西に傾きはじめると、ハッチしたユスリカを狙ってライズがポツポツ起こり始めます。
メインの狙いを上層に絞り、アンダー1gでローテーション。

ゴッドハンズ・彩斗0.9g、ヤリエ・ピリカモア0.7g、イマージュ・レイピア1g、フォレスト・マーシャルトーナメント0.9gあたりでポツポツ。
1~2本獲ったらルアーチェンジするまで後が続かない状況は変わらず、我慢のローテーションは続きます。

まさかのデカ目トップウォーター投入、まさかのヒット

N@O氏はこの状況で、なんとデカ目のトップウォーターでニジマスを引き出します。
やりますね。

乗せの釣りで終了

西日でラインが見えなくなり、やむなく乗せの釣りに切り替えます。
意外にも日が落ち始めると、なぜかわかりませんが、乗せの釣りでも乗り始めます。

薄暗くなってきて、警戒心が薄れてきたせいでしょうか。
それとも、レンジが合っていたせいでしょうか。

ポツポツ追加し、17時頃に納竿。
おしなべるとそれなりに数は出ていますが、いまいち消化不良気味でゲームを終えました。

軽く洗礼?振り返り

良い状態が2回続いていたので、今回もと思ったのですが、軽く洗礼を食らってしまいました。
スレていると感じはしましたが、ボトムをネチネチしないと食わないということはなく、全て巻きのみでゲームが成立しましたので、その点は良かったと思います。

ルアー

スプーン自体のアクションは、ローリングよりはウォブリング、もしくはウォブンロールが好反応でした。
アベレージが小さいからか、プラグ系よりはスプーンに分がある印象です。

ルアーカラー

ホワイト、ベージュ、蛍光オレンジ、蛍光グリーン、レッド、カーキ、オリーブ、などなど。
どちらかというと明るめの色に好反応。

明るめの色は、今年それなりに結果が計算できています。
これは水がマッディであることが関係していると思います。

リトリーブ

反応するアクションがわかったら、次の問題は素直な巻きで反応が鈍くなった時、どういうアクションをするかというところですね。

今年ずっと効いているアクション例としては、リトリーブスピードを緩めた後に早く巻き始めたり、ポーズを入れたり、落として巻き上げたり、シェイクの後にスピードアップしたり、などなど。
リアクションでうまくスイッチを入れてあげると良いと思います。

まだこの時期は、ロッドを煽ってバランスを崩すような派手なアクションには反応が出ていません。
あくまでリーリングを主体としたナチュラルなアクションを意識すると良いと思います。

その他気付いたこと

ユスリカがハッチしていたからか、ポツポツとライズが見られました。
N@O氏もトップウォーターでしっかり釣っていましたし、水面直下のスプーニングでもコンスタントに出ていました。
これから良い条件の時は、トップウォーターも面白いかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィッシングデータ

釣行日
2013年1月31日(木)
水温・気象状況
  • 水温 : 未計測
  • 天気 : 晴れ
  • 風向き : 東
タックル
  • ロッド : ufm SS-62EXL・改
  • リール : DAIWA 05 EXIST 1003
  • ライン : DAIWA PRESSO LINE TYPE-NYLON 2.5lb + 'TORAY' トヨフロン スーパーL・EX 0.6号
  • ルアー : 0.8g~2.2gスプーン
釣果

ニジマス(レインボートラウト)

フィールドマップ

大きい地図で見る (Google Mapsへ)

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

ルアーフィッシングマニアのフィード登録はこちらから

この記事と関連したルアーフィッシング釣行記録はこちら

としまえんフィッシングエリア 2017年第1戦目

としまえんフィッシングエリア 2017年第1戦目

としまえんフィッシングエリア2017年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。約2年ぶりの管理釣り場釣行で内心ドキドキ...実際は、アタリの出し方もルアーローテーションもなんとか大丈夫!

としまえんフィッシングエリア2017年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。約2年ぶりの管理釣り場釣行で内心ドキドキ...実際は…

2017年2月13日

としまえんフィッシングエリア 2014年第3戦目

としまえんフィッシングエリア 2014年第3戦目

としまえんフィッシングエリア2014年第3戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。強風の合間を縫ってキャスト、掛けの釣りと乗せの釣りを使い分けて、数を稼ぐ!

としまえんフィッシングエリア2014年第3戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。強風の合間を縫ってキャスト、掛けの釣りと乗せの釣りを…

2014年12月25日

としまえんフィッシングエリア 2014年第2戦目

としまえんフィッシングエリア 2014年第2戦目

としまえんフィッシングエリア2014年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。アングラーが少なく、願ってもない低プレッシャー!アンダー1gで水面直下を狙い、文字通り大爆発!

としまえんフィッシングエリア2014年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。アングラーが少なく、願ってもない低プレッシャー!アン…

2014年2月13日

としまえんフィッシングエリア 2014年第1戦目

としまえんフィッシングエリア 2014年第1戦目

としまえんフィッシングエリア2014年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水温低めで低活性...リトリーブスピードの変化と細かいレンジ刻みがポイント!

としまえんフィッシングエリア2014年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水温低めで低活性...リトリーブスピードの変化と細か…

2014年1月23日

としまえんフィッシングエリア 2013年第9戦目

としまえんフィッシングエリア 2013年第9戦目

としまえんフィッシングエリア2013年第9戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。イロモノが好反応!

としまえんフィッシングエリア2013年第9戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。イロモノが好反応!

2013年11月14日

としまえんフィッシングエリア 2013年第8戦目

としまえんフィッシングエリア 2013年第8戦目

としまえんフィッシングエリア2013年第8戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水温が高く、反応が鈍い苦しいゲーム展開。

としまえんフィッシングエリア2013年第8戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水温が高く、反応が鈍い苦しいゲーム展開。

2013年4月11日

全ての釣行記録一覧を見る

この記事に寄せられたコメント [ 0 件 ]

現在、コメントは寄せられていません。

この記事へ意見・感想・質問を寄せてみましょう

Contact form

スポンサーリンク