トラウトルアーフィッシング釣行記録

としまえんフィッシングエリア2013年第5戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。やはりこうでないと!

イロモノ好調!としまえんフィッシングエリア 2013年第5戦目

4日前、2013年2月中旬のとしまえん釣行がとても我慢の展開だったので、ここは1つリベンジしておこうと決行。
ナイアガラエリアで数釣りのプランです。

スポンサーリンク

意外に素直

11時過ぎ、釣り開始。
いつものナイアガラエリア東側中央に立ちます。

放流日が火曜日とのことで、1日置いていじめられているはずですが、意外と素直にバイトしてきます。
連休明けの平日。人も少なく左右に打ち分け、ポツポツ。

素直と言ってもアタリ自体はとてもシビアで、掛けの釣りをしていかないと乗り切りません。
前回同様、蛍光ラインで微妙な変化を積極的に掛けていきます。

今回は1.5lbのフロロカーボンラインをリーダーとして結束し、プレッシャーを限りなく落として攻めて行きます。

色物好調

今回も色物は好調で、2匹目でアマゴがヒット。
アマゴはかなり好調で、この日は終日ポツポツ掛かってくれました。

終日ポツポツ掛かってくれたアマゴ

続いて、ボトム近辺で掛かったのはブラウントラウト。

ボトム近辺にいたブラウントラウト

そして前回とは種類が違うブルックトラウトが顔を見せてくれました。

斑点が特徴的なブルックトラウトも、終日ポツポツ掛かってくれました

時折40cm台の、型が良いニジマスも掛かってくれます。
リーダーが1.5lbのため、多少気を遣います。

美しくはありませんが、珍しく型が良いニジマスが数本掛かりました

フレッシュな魚が毎週入ってくれると、釣り人の活性も上がりますね。

スポンサーリンク

渋った時は引き出しの出番

素直な反応が終わると、お約束の沈黙タイムが訪れます。

なんとかスプーンの巻きのみで食わせたいので色々試しますが、ここまでの蓄積と勉強で、自分自身そこそこの引き出しができていることに気付きます。

これはちょっと沈んだかも。ちょっと浮いてきたかな?今はこの動きには食ってこないな。ここでこうやって、次で食え!

状況把握と選択、ウェイトコントロール、レンジコントロール、リトリーブコントロール、ルアーコントロール…。
どうしようもない時間帯は確かにありましたが、そこそこ反応を引き出せるようになってきました。

スタッフに声を掛けられる

キャストを続けていると、気さくなスタッフさんに声を掛けられます。

「こんにちは~、釣れてますか~?トラキンに出ている方ですか?」

私、トラウトキングへの出場経験は全くありませんが、そう見えたようです。
イグジストのお陰でドラグ音も大きめですし、釣り方も格好もタックルも、何となくそれっぽいですからね…。

隣同士投げながら、リールの話、ロッドの話、ルアーの話。
最近はどこに行っても釣り人と話をする機会がほとんど無かったので、とても新鮮でした。

またご一緒できれば、是非。

釣り切って納竿

日が落ちて涼しくなり、次第に反応が遠のいていきます。
釣り座は例によって全く移動していませんので、攻め倒して完全にスレてしまったのだと思います。

16時半頃から完全に沈黙。そのまま納竿しました。

とりあえずリベンジ。振り返り。

この微妙なアタリを取っていく釣りがクセになってきましたが、毎回良い練習になっています。
今回は状況判断が少しシビアだったので、自分のためにもメモしておきます。

ルアー

スプーンのアクションは、ローリングが終日良かったです。
ウォブリング、ウォブンロールを差しで入れて、ローリングで安定して獲っていくイメージでした。
カーディフ・ロールスイマー1.5g、アルフレッド・アルフスプーン1.5gあたりが良かったです。

今回は長いシルエットもそこそこ有効で、プレッソ・ウィッチ1.4g、TEMP.・NUDE2.5gも良い反応を示してくれました。

ルアーカラー

ゴールド、カーキ、オリーブ、ブラウン、ブラックあたりが終始安定していました。
意外にも蛍光系が芳しくなかったのですが、ナチュラル系に反応が多く出ていたことから、放流後に派手な色で結構叩かれたのだと推測されます。

リトリーブ

いつものトリッキーアクションは、引き続き有効でした。

今回は1gのスプーンを風に乗せて遠投し、ボトムからデッドスローの巻き上げでバイトを誘う方法が天下だった時間帯がありました。

50cmに少し満たないニジマスも、この方法で掛かりました。
ボトム近辺には良い型の魚が着いていると思います。

その他気付いたこと

いつもと違い、反応レンジとスピード、そして誘い方が、短い周期で微妙に変化していた印象です。

早めのスピードで上を引いて良かったと思ったら、突然中層でのスローリトリーブへの反応が良くなったり、ボトムはスピード感があるリトリーブが良い時と、デッドスローが良い時がありました。
今はこの状況、今はこの狙い所、今はこの攻め方、というように判断を素早くしていくことが重要でした。

私自身、この変化に全く付いていけない時間帯もあり、周りの方が掛かっている中でド沈黙してしまった時間帯がありました。
まだまだ精進しなければ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィッシングデータ

釣行日
2013年2月14日(木)
水温・気象状況
  • 水温 : 未計測
  • 天気 : 晴れ
  • 風向き : 東風微風
タックル
  • ロッド : ufm SS-62EXL・改
  • リール : DAIWA 05 EXIST 1003
  • ライン : UNITIKA Silver Thread EYE CATCH 2lb + Seaguar R18 FLUORO LTD. 1.5lb
  • ルアー : 0.8g~2.5gスプーン
釣果

ニジマス(レインボートラウト)、ブラウントラウト、アマゴ、ブルックトラウト

フィールドマップ

大きい地図で見る (Google Mapsへ)

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

ルアーフィッシングマニアのフィード登録はこちらから

この記事と関連したルアーフィッシング釣行記録はこちら

としまえんフィッシングエリア 2017年第1戦目

としまえんフィッシングエリア 2017年第1戦目

としまえんフィッシングエリア2017年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。約2年ぶりの管理釣り場釣行で内心ドキドキ...実際は、アタリの出し方もルアーローテーションもなんとか大丈夫!

としまえんフィッシングエリア2017年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。約2年ぶりの管理釣り場釣行で内心ドキドキ...実際は…

2017年2月13日

としまえんフィッシングエリア 2014年第3戦目

としまえんフィッシングエリア 2014年第3戦目

としまえんフィッシングエリア2014年第3戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。強風の合間を縫ってキャスト、掛けの釣りと乗せの釣りを使い分けて、数を稼ぐ!

としまえんフィッシングエリア2014年第3戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。強風の合間を縫ってキャスト、掛けの釣りと乗せの釣りを…

2014年12月25日

としまえんフィッシングエリア 2014年第2戦目

としまえんフィッシングエリア 2014年第2戦目

としまえんフィッシングエリア2014年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。アングラーが少なく、願ってもない低プレッシャー!アンダー1gで水面直下を狙い、文字通り大爆発!

としまえんフィッシングエリア2014年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。アングラーが少なく、願ってもない低プレッシャー!アン…

2014年2月13日

としまえんフィッシングエリア 2014年第1戦目

としまえんフィッシングエリア 2014年第1戦目

としまえんフィッシングエリア2014年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水温低めで低活性...リトリーブスピードの変化と細かいレンジ刻みがポイント!

としまえんフィッシングエリア2014年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水温低めで低活性...リトリーブスピードの変化と細か…

2014年1月23日

としまえんフィッシングエリア 2013年第9戦目

としまえんフィッシングエリア 2013年第9戦目

としまえんフィッシングエリア2013年第9戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。イロモノが好反応!

としまえんフィッシングエリア2013年第9戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。イロモノが好反応!

2013年11月14日

としまえんフィッシングエリア 2013年第8戦目

としまえんフィッシングエリア 2013年第8戦目

としまえんフィッシングエリア2013年第8戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水温が高く、反応が鈍い苦しいゲーム展開。

としまえんフィッシングエリア2013年第8戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水温が高く、反応が鈍い苦しいゲーム展開。

2013年4月11日

全ての釣行記録一覧を見る

この記事に寄せられたコメント [ 0 件 ]

現在、コメントは寄せられていません。

この記事へ意見・感想・質問を寄せてみましょう

Contact form

スポンサーリンク