トラウトルアーフィッシング釣行記録

中禅寺湖2013年第7戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。シケイダーでワイルドブラウントラウト!

魅惑のシケイダーゲーム!中禅寺湖 2013年第7戦目

シケイダーで好反応を引き出しながら、1本も獲れなかった前回2013年6月上旬の中禅寺湖釣行
エキサイティングなバイトシーンを目の当たりにしてしまい、すっかりトップウォーターの虜に。

既に春ゼミも終わりに近付いているはずですが、まだまだ上を意識している個体も多いはず。
なんとかシーズン中に1本、シケイダーで獲っておきたい!

今回も親父とのボート・キャスティングゲームです。

スポンサーリンク

台風接近中

この日は台風が関東・東海に接近中で、釣行を断念したアングラーも多かったようです。
しかしウェザーニュースの中禅寺湖ピンポイント天気予報(市立中宮祠中学校にセット)では、雨も風も弱め。

加えてホテルコタン「中禅寺湖畔コタンの桟橋 6月12日」を見ると、なんとまだ春ゼミが出ています。
これは絶好のトップウォーターゲーム日和なのでは?ということで迷わず決行です。

朝5時過ぎ、出船。
雨は降っていますが風は弱く、寒くない…狙い通り、"いかにも"な天気です。

雨と霧で、いかにもな雰囲気

例によって春ゼミが鳴き始める前は、レイクトラウトとホンマス狙い。
まずはシャローエリアに入っているかチェックします。

狙い通りレイクトラウトをキャッチ

朝の時点で水温が14度ということで、先週と比べレンジはさほど大きくは変わっていないと判断。
まずは水深6m~8mを重点的に攻めてみることに。

開始30分も経たないうちに、親父にファーストヒット。
42cmと小さめですが、狙い通りレイクトラウトを叩き出します。

イケイケかと思いきや、やはり後が続かず。
食い気のある魚はどこにいるのか…試行錯誤を続けます。

この高水温でもシャローにいる個体は、普通に考えれば食い気があるはずです。
しかしここ中禅寺湖では、単にフラフラしているだけの個体も多い…さて、どうするか。

ワカサギをメインとした、ベイト群がいるレンジを叩いてみるのはどうか…水深10m~12mのやや深いミドルレンジを攻めてみることに。

ボトム付近をナック・フェイクベイト18gの軽いトゥイッチからのポーズで誘っていると、ついに私にもズドンッ!

何度も激しく突っ込むナイスファイトを見せてくれたのは、狙い通りベイトを追っていると思われるナイスワン。58cmのレイクトラウトです。

ベイトを追っているグッドコンディションを狙い打ち!

これで2人ともボーズ逃れ。いよいよメインイベントに移ります。

春ゼミパターン健在…グッドコンディションのワイルド・ブラウントラウト

時刻は午前8時過ぎ。
やや東風が強まり、雨が吹き付けています。

前回はティムコのシケイダーマグナムを使用しましたが、今回はよりマッチ・ザ・ハッチを意識すべく、一回り小さなシケイダー IIをチョイス。
カラーもズバリ、「中禅寺湖」です。果たして出てくれるか?

リアのシングルフック1本で勝負

まずは前回反応が良かった、山側のムジナ窪近辺からスタート。
春ゼミは落ちていませんが、山ではうるさいくらいに鳴いています。

岩と砂浜の境目にキャストし、シェイク&ポーズ…ゴボッ!

乗りませんが、いきなり黄色い魚体を見せてブラウントラウトが好反応。
テンションが上がります。

岬を巻き回し、東風に乗せて岩盤のストレッチを舐めるように打っていきます。
いかにもな雰囲気…頼む、このラインで出てくれ…!

オーバーハングした木の下、岸ギリギリの浅場にキャスト。
シェイク&ポーズを繰り返し、ファーストブレイクに差し掛かった瞬間。

"ガバーンッ!"

前触れは一切無し。
いきなり豪快な水しぶきとともに、黄色い魚体が反転します。

"出た…!"

一瞬待って、巻きアワセからのアッパーフッキング。
ロッドにドンッと重みが乗ります。

直後にジャンプし、金色の魚体をいきなり披露。
紛れもなくブラウントラウト、しかもそこそこ良さそうなサイズ。
やっとこの瞬間がやってきました。

ボートの近くまで寄せて来ると、レイクトラウトとは違い、瞬発力のある横走りと突っ込みを見せてくれます。
ウエダのサーフェストゥイッチャーを文字通り根元まで引き込み、左右・ボートの反対側と縦横無尽に走ります。
追従して、ダイワのエアリティーが心地よいドラグ音を奏でます。

なんとかランとジャンプをかわし、ネットイン。
50cmにはあと1cm及ばず、49cm。それでも充分グッドコンディションの、ワイルド・ブラウントラウトです。

ついにグッドコンディションのブラウントラウトを、シケイダーでキャッチ!

この金色の魚体とエラ上にあるパールの輝きが、ネイティブの証。

リアのシングルフックが、カンヌキにガッチリ!

美しさに魅了されてしまいますね。

スポンサーリンク

カウント外?レインボートラウト

そのまま八丁出島を巻き回し、風裏に入ると天候が次第に回復してきます。
水面をよく見ると、何かとても青く大きい魚体と金色の魚体が、ユスリカや虫を追っています。

このブラウントラウトをいただこう…キャスト後、シェイクすると青い魚体の方が先に反応。
猛スピードで寄ってきて、ガバーンッ!

"うわ、別のが出ちゃった…!"

反転するのを待って、巻きアワセからのアッパーフッキング。
魚体を横にしてギラギラ暴れるその姿は、なんとサービスフィッシュ。

あと1年ほど経てば、もう少し綺麗になるでしょうか...

エキサイティングなバイトシーンは圧巻でしたが、できれば茶色い方が欲しかった…。
このサービスフィッシュはランディング時に小魚を吐き出しましたので、野生に溶け込み始めた個体ですね。

午後もレインボートラウトの嵐

その後、松ヶ崎まで流したもののバイト無しで終わった午前。
昼食後、午後は国道側から流してみます。

だるま石を過ぎたあたりから、東風の潮目に沿ってドリフト。
ここで親父のシケイダーにガバーンッ!と出たのは、またしてもサービスフィッシュ。

やはり沖目だと、サービスフィッシュの可能性は高まってしまうのでしょうか。

そのまま金谷ワンドまで流し、湖を横切って松ヶ崎~大日岬~勇助とラン&ガン。
時折ブラウントラウトがスーッと見に来るのですが、なかなか豪快に出てくれません。

勇助和田では、オーバーハングした木の下で小型のブラウントラウトが出てくれますが、食い切れず。
そのまま少し沖までシェイク&ポーズを繰り返していると、ガバーンッ!

かなり派手に走ってジャンプし、ドラグを何度も出してくれますが、サービスフィッシュ。
尾ビレは惨めですが、楽しませてくれました。

尾ビレは最高に惨めですが、鋭いランとジャンプを見せてくれました

サービスフィッシュでこれなので、ワイルド・レインボートラウトが掛かったら、それはそれは素晴らしいファイトなのでしょう。

続いて小寺ヶ崎まで流していると、岸際でモジリを発見。
すかさずシケイダーをキャスト、シェイク&ポーズ…ガバーンッ!

やけにファイトがおとなしいなと思いながら寄せてくると、案の定サービスフィッシュ。

何度も釣られた個体のようですね

このボテっとした体は、ヤシオマス系でしょうか。

ミドル~ディープレンジをチェックして終了

遊んでいるのか遊ばれているのかわからない、サービスフィッシュの猛攻。
それなりに楽しんでいましたが、タイムリミットが近付いてきてしまいました。

そろそろレイクトラウトがフィーディングしてくる時間かなと思い、納竿前にミドル~ディープレンジをチェックしてみます。
フランス大使館前の水深10m~18mを探ってみますが、そう事はうまく運ばず。
18時前に納竿しました。

これから良い時間なのですが、ルールなので仕方ありませんね。

釣行前はもう駄目かなと思っていた春ゼミですが、なんとかこの7戦目まで持ってくれました。
ほぼ1日を通してセミルアーを投げ倒し、フッキングまで至らなかったバイトを含めると、数多くのエキサイティングな瞬間を味わうことができました。

まだ山では多くの春ゼミが鳴いていましたが、さすがに湖面に落ちている数は徐々に減ってきていますね。
結局今年の春ゼミは、トータルで3週間以上も出続けたことになります。近年類を見ないシーズンとなりましたね。

ベイトの少なさも手伝い、上を意識している魚が多かったこと。
そして地元にとっては良くないことですが、ショア・ボート含め釣り人の数が少なかったことも、あやかれた要因の1つかなと思っています。

見とれるほど綺麗な金色の魚体もさることながら、何より自分が狙いを定めてキャストし、アクションし、引き出した価値ある1本。
このゲームにますますのめり込んで行ってしまう気がします。今から来シーズンが楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィッシングデータ

釣行日
2013年6月13日(木)
水温・気象状況
  • 水温 : 朝14度、午後15.7度
  • 天気 : 雨時々曇りのち晴れ
  • 風向き : 北東~東
タックル
  • ロッド : ufm TSS-88Ti, ufm GS-832H ベイト, ufm STS-77Si
  • リール : DAIWA 05 EXIST 2508, SHIMANO CALCUTTA CONQUEST 101, DAIWA AIRITY 2506
  • ライン : VARIVAS SUPER TROUT Advance Max Power PE 1号 + SUNLINE SUPER FC SNIPER 8lb(EXIST), Berkley FireLine 16lb + SUNLINE SUPER FC SNIPER 8lb(CQ101), VARIVAS SUPER TROUT Advance Max Power PE 0.8号 + SUNLINE SUPER FC SNIPER 6lb(AIRITY)
  • ルアー : 16g~18gスプーン、シケイダー
釣果

レイクトラウト2本、ブラウントラウト1本、ニジマス(レインボートラウト/サービスフィッシュ)4本 (2人計)

フィールドマップ

大きい地図で見る (Google Mapsへ)

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

ルアーフィッシングマニアのフィード登録はこちらから

この記事と関連したルアーフィッシング釣行記録はこちら

中禅寺湖 2019年第2戦目

中禅寺湖 2019年第2戦目

中禅寺湖2019年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。毎年恒例の2泊3日中禅寺湖合宿!雪景色の中でレイクトラウトとブラウントラウトを追いまくる!

中禅寺湖2019年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。毎年恒例の2泊3日中禅寺湖合宿!雪景色の中でレイクトラウトとブラウントラ…

2019年4月10日

中禅寺湖 2019年第1戦目

中禅寺湖 2019年第1戦目

中禅寺湖2019年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。車中泊で2日間の私的解禁合宿を敢行!人、魚、景色、食べ物、空気...中禅寺湖の釣りを大満喫!

中禅寺湖2019年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。車中泊で2日間の私的解禁合宿を敢行!人、魚、景色、食べ物、空気...中禅…

2019年4月3日

中禅寺湖 2018年第5戦目

中禅寺湖 2018年第5戦目

中禅寺湖2018年第5戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。約1ヶ月釣行できず!復帰戦はホンマストローリングとセミルアーキャスティングの欲張りゲーム!

中禅寺湖2018年第5戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。約1ヶ月釣行できず!復帰戦はホンマストローリングとセミルアーキャスティン…

2018年6月7日

中禅寺湖 2018年第4戦目

中禅寺湖 2018年第4戦目

中禅寺湖2018年第4戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。ワカサギも接岸し、季節的にそろそろヤツが現れる頃!シルバーランナー・ホンマスを求めてショアから攻め歩く!

中禅寺湖2018年第4戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。ワカサギも接岸し、季節的にそろそろヤツが現れる頃!シルバーランナー・ホン…

2018年5月10日

中禅寺湖 2018年第3戦目

中禅寺湖 2018年第3戦目

中禅寺湖2018年第3戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。ボート解禁前に岸釣りを堪能しておきたく決行!しかし先週から魚の捕食パターンが一変?レイクトラウトに巡り逢えず!

中禅寺湖2018年第3戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。ボート解禁前に岸釣りを堪能しておきたく決行!しかし先週から魚の捕食パター…

2018年4月19日

中禅寺湖 2018年第2戦目

中禅寺湖 2018年第2戦目

中禅寺湖2018年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。毎年恒例の中禅寺湖合宿を決行!脱・チビレイクをテーマにN@O氏と挑んだ3日間。果たして結果は?

中禅寺湖2018年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。毎年恒例の中禅寺湖合宿を決行!脱・チビレイクをテーマにN@O氏と挑んだ3…

2018年4月11日

全ての釣行記録一覧を見る

この記事に寄せられたコメント [ 0 件 ]

現在、コメントは寄せられていません。

この記事へ意見・感想・質問を寄せてみましょう

Contact form

スポンサーリンク