中禅寺湖 2018年第3戦目 / 釣行記録

中禅寺湖2018年第3戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。ボート解禁前に岸釣りを堪能しておきたく決行!しかし先週から魚の捕食パターンが一変?レイクトラウトに巡り逢えず!

パターンが一変?最後まで付いていけず!中禅寺湖 2018年第3戦目

じっくり追い詰めていった2018年4月11日~2018年4月13日の中禅寺湖釣行合宿から1週間弱。ボート解禁前に岸釣りをもう少し堪能しておきたく、疲れた体にムチを打って出撃です。

4月も後半に入り、そろそろ魚たちもよりシャローを意識し始める頃のはずですが、果たして?

スポンサーリンク

朝は岸際

この日もゆっくり佐野ラーメンを堪能してから現地着。今回は辛味噌をいただきました。

佐野辛味噌ラーメン

午前4時半頃の現地着になってしまいましたが、とりあえずできるところからエントリーしてみます。

薄暗い中、時折ボイルがあるのでミノーを…とポケットを開けていきますが、無い!どうも車に置き忘れてきてしまったようです。

仕方がないので軽めのスプーンから投入していきますが、もう少し上を引こうとするとどうしても速いリトリーブになってしまい、リズムが出ません。

少し離れた隣では、しっかりミノーでキャッチしている方がいました。お見事です。

無風が続く

日が昇ってくると、予報に反して無風の時間が長くなります。西風予報だったのでこの場所に入ったのですが、無風とはこれいかに…。

無風のため綺麗な逆さ男体山に

あまりにも釣れないので、観光客が写真を撮っている方向から撮影。良い感じの逆さ男体山です。

そうこうするうちに、あれよあれよという間にユスリカが超超超大量にハッチ。ウェーダーにぶわっとまとわりつきます。

これはと早速ロデオクラフト・M.T.レイクス57・9gにチェンジ。カラーはユスリカオリーブで、水面下をリアクションバイト狙いで広く探っていきます。しかし反応がありません。

ここでも少し離れた隣では、フライマンがソフトハックルらしいフライの引っ張りでサクッと1本釣っていました。なかなかに厳しい感じです。

予想外の北東風、そして…

午前10時前からは完全な北東風が出始め、駄目な雰囲気が漂ってきました。予報では西風からの南風予報だったのですが、完全に外れてしまったようです。

なぜこんなに打っているのにバイトが出ないのか―。投げながら考えに考え抜いてみましたが、もうこの1点しか思い付きませんでした。

"完全に虫パターンになってしまっているのでは…?"

こうなってしまうと、よほど魚の鼻先をかすった時くらいしか、ルアーでは口を使ってくれないでしょう。事故待ちは確率が悪すぎます。

何事もなく訪れた夕方

夕方、少し離れたルアーマンにヒットしたようですが、私にはかすりもせず。最後まで魚の鼻先に巡り合わなかったようです。

18時のタイムアップまで諦めずにキープキャストしましたが、結局ノーバイトで終了。完全なるズーボーという、なかなかに厳しい結果となってしまいました。

パターンの切り替わり?振り返り

ベイトパターンから虫パターンへと、ちょうど切り替えの時期に当たってしまったようで、なかなかに厳しいゲーム展開となってしまいました。

恐らくですが、ゴールデンウィークに華厳ノ滝を常に流すべく、貯水フェーズに入っているためでしょう。

通っていればこんなこともありますが、このツンデレっぷりはなかなかにこたえますね。

魚は岸際に

朝の暗いうちは、やる気のある魚が岸際に寄っているようです。静かにアプローチしてミノーをトライしたいところです。

必ずボックスに入れておくことを忘れないでください。(自戒)

ユスリカパターンのルアーでの攻略法は?

虫を意識してしまった魚たちは偏食の傾向があるため、ルアーで狙う際には次の4択になると思っています。

  1. 狙う場所とレンジを変えてみる
  2. 釣り方を変える
  3. 狙う魚を変える
  4. タックルを工夫する
狙う場所とレンジを変えてみる

ユスリカを食べない一発を狙っていくかどうかという話になると思いますが、今回は疲労もあり、山側ハイキングはしない予定でしたので、狙う場所とレンジは大きく変えられませんでした。

確率は下がってしまうとは思いますが、ロマンがありますね。

釣り方を変える

スプーンやジグなど、ベイトを強く意識したルアーで通しましたが、食性に訴える攻めではなく、もう少し魚のスイッチを入れていくルアーを使っていくほうが有効かもしれません。例えばミノーなどのプラグ類です。

これは次の、狙う魚を変える部分にも繋がりそうです。

狙う魚を変える

狙う魚はレイクトラウトと決めていましたが、別の場所で別のレンジを狙い、狙う魚種を変えるという選択もあったかもしれません。

可能性は低かったと思いますが、トライする価値はあったと思います。

タックルを工夫する

ユスリカのカラーにルアーの一部を近付ける、という工夫もできそうです。ユスリカの幼虫の色をご存じでしょうか。実は黒ではなく、赤です。ヘモグロビンを持っているので赤色なのだそうです。

フックを工夫していくのも、試してみたいことのひとつです。

フックはレベルフィッシング公式ページや、アカサカ釣具店、釣り具のおおつか、サンスイなどプロショップでも購入できますが、Yahoo!ショッピングのレベルフィッシングストアページから問い合わせて購入することもできます。

今後はどうなる?

虫パターンとは言っても、しばらくするとワカサギの接岸がはじまりますので、またベイトパターンに戻っていくと考えられます。

目まぐるしく変わっていく季節、そして捕食傾向。やはり通っていないと、そういう時に当たらないと、学ぶことはできませんね。今回は良い勉強になり、収穫も多くあった良い釣行、良い経験と思い、次回に繋げていきたいと思っています。

…でもやはり、ゼロは精神的にこたえますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィッシングデータ

釣行日
2018年4月19日(木)
水温・気象状況
  • 水温 : 6度
  • 天気 : 晴れ
  • 風向き : 凪~北東
タックル
  • ロッド : SOULS TF-E86HS(ウェイトバランスチューン)
  • リール : SHIMANO 07 STELLA 2500
  • ライン : VARIVAS SUPER TROUT Advance Max Power PE 1号 + VARIVAS SUPER TROUT Advance BIG TROUT SHOCK LEADER 12lb
  • ルアー : 9g~23gスプーン, ジグ
釣果

なし

フィールドマップ

大きい地図で見る (Google Mapsへ)

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

ルアーフィッシングマニアのフィード登録はこちらから

この記事と関連したルアーフィッシング釣行記録はこちら

中禅寺湖 2018年第4戦目

中禅寺湖 2018年第4戦目

中禅寺湖2018年第4戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。ワカサギも接岸し、季節的にそろそろヤツが現れる頃!シルバーランナー・ホンマスを求めてショアから攻め歩く!

中禅寺湖2018年第4戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。ワカサギも接岸し、季節的にそろそろヤツが現れる頃!シルバーランナー・ホン…

2018年5月10日

中禅寺湖 2018年第2戦目

中禅寺湖 2018年第2戦目

中禅寺湖2018年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。毎年恒例の中禅寺湖合宿を決行!脱・チビレイクをテーマにN@O氏と挑んだ3日間。果たして結果は?

中禅寺湖2018年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。毎年恒例の中禅寺湖合宿を決行!脱・チビレイクをテーマにN@O氏と挑んだ3…

2018年4月11日

中禅寺湖 2018年第1戦目

中禅寺湖 2018年第1戦目

中禅寺湖2018年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。解禁から数は出ているようですが、サイズはいまいち?私たちもあやかって無事解禁といきたいところ!

中禅寺湖2018年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。解禁から数は出ているようですが、サイズはいまいち?私たちもあやかって無事…

2018年4月4日

中禅寺湖 2017年第6戦目

中禅寺湖 2017年第6戦目

中禅寺湖2017年第6戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。今回もトローリングとセミルアーキャスティングの二毛作!トップから中層まで攻める!

中禅寺湖2017年第6戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。今回もトローリングとセミルアーキャスティングの二毛作!トップから中層まで…

2017年6月8日

中禅寺湖 2017年第5戦目

中禅寺湖 2017年第5戦目

中禅寺湖2017年第5戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。目標は2つ。自分で作った角で釣ること。そしてセミルアーで釣ること。果たして結果は?

中禅寺湖2017年第5戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。目標は2つ。自分で作った角で釣ること。そしてセミルアーで釣ること。果たし…

2017年6月1日

中禅寺湖 2017年第4戦目

中禅寺湖 2017年第4戦目

中禅寺湖2017年第4戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。魚の着き場に偏りが?うまくアプローチできず、完全なる消化不良ゲームに!

中禅寺湖2017年第4戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。魚の着き場に偏りが?うまくアプローチできず、完全なる消化不良ゲームに!

2017年5月24日

全ての釣行記録一覧を見る

この記事に寄せられたコメント [ 2 件 ]

ユスリカの幼虫は赤ですが,サナギは赤ではありません,この時期レイクトラウトはサナギを大量に食べていますのでスプーンにリーダーを付けてソフトハックルフライを付けてみては如何でしょうか?少し邪道かもしれませんが

Posted by 匿名 / 2018年4月23日17:09

> 匿名様

コメント大変ありがとうございます!
なるほど大変勉強になります。正直彼らの胃の中がとても気になっていました。

理論上は、その方法で釣れそうですね。
とても興味深いです。ありがとうございます。

Posted by NARI / 2018年4月23日22:46

この記事へ意見・感想・質問を寄せてみましょう

Contact form

スポンサーリンク