トラウトルアーフィッシング釣行記録

中禅寺湖2013年第8戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。ついにレイクトローリング始動!

レイクトローリング始動!中禅寺湖 2013年第8戦目

2013年6月半ばにセミルアーでワイルドブラウントラウトをキャッチして以来、中禅寺湖に行けませんでしたが、気付けばキャスティングシーズンが終了。

これからの高水温期、ブラウントラウトを中心にした"引きずり出すキャスティングゲーム"も物凄く面白いのですが、せっかくなので新しい釣りにもチャレンジ。
何とレイクトローリングに参戦です。

いつもの通り、親父とのゲームです。

スポンサーリンク

まずはタックルセッティング

午前5時過ぎ、出船。
相変わらずの重役出勤です。

タックルは当然のごとく、全くわからないので親父にお任せ。
前竿2本、後竿2本。ルアーだけ選ばせてもらいます。

ワレットを物色し、選んだルアーは橋村ルアー(角)、GMルアー(角)、シェルスター・ハイブリッド(貝)、オリジナル角貝貼り(ハイブリッド)。

まずは角と貝を付けて、どちらが良いか様子見ということのようなので、バラけて付けてみます。
同じ角でも、透き通ったもの、暗めのものなど微妙なカラーの違いも意識。
前竿は小さ目のルアー、後竿は大き目のルアーをセットし、シルエットの違いも試してみます。

この点は管理釣り場のルアーフィッシングと、考え方に大差ありません。
全ては繋がっていますね。

今回の狙いはレイクトラウトではなく、中禅寺湖のシルバーランナー・ホンマスです。

どこから流すか…ここでしょ!

最初のポイントとして選んだのは、ど真ん中から大日沖。
前竿・ドジャー使用なので、船速は時速3km台。前竿は10m近辺、後竿はレッドコアで、60ヤード出しからスタートです。

しばし流してみますが、全く反応無し。
これは朝イチ、ポイント選択を外したかな~と思いましたが、大日近辺になってようやく後竿に"ジジジジーッ!"
30cm台のホンマスです。

そのまま大日ワンド~松ヶ崎を回してから金谷に抜けていく途中で、同じく30cm台のホンマスを数本追加。

金谷から国道側沖を流すと、今度は40cm台のレイクトラウトが掛かります。
恐らく水深は7~8m付近を流していると思いますが、この高水温でも割と上層に出て来るのですね。

高水温に弱いので、キャッチ後は即リリース。
結局午前中は、2本のレイクトラウトが掛かりました。

本命のホンマスは、ポツポツ追加。どうも今日は角の反応が良いようです。

栂~三角好調

フランスの尾根を横切り、栂~八丁を流していると、本日最大のシンクロ音。
上がってきたのは40cm超えのホンマス。やっとまあまあサイズが掛かります。

文句無く美しいシルバーランナー、ホンマス

不思議なことに、先ほどから同じ橋村ルアーばかりにアタリが出ます。
前竿もレンジを合わせているのですが、1本掛かったのみ。

動きの違い、シルエットの違い、カラーの違い…同じ場所・レンジを通していても、ほんの少しの違いが圧倒的な釣果の差を生んでいるわけですね。
ただ流しているだけでは釣れないのです。

そのまま八丁を過ぎ、小寺~三角の間を流すと、またしても派手なシンクロ音。
上がってきたのは40cm超えのヒメマス。

40cmアップの美しいヒメマス

このコンディションのヒメマスが釣れる湖は、関東近辺ではここ中禅寺湖だけではないでしょうか。
無斑の背中、紫掛かった銀色のボディ。文句無しに美しいですね。

このラインをUターンして曳き直し、ヒメマスとホンマスを追加していきます。

結局午前中は、ホンマス6本、ヒメマス2本、レイクトラウト2本で終了

スポンサーリンク

早曳きをトライしてみるも…

昼食後に仮眠を取った後、午後は14時半頃から再開。
少し趣を変えて、まずは12番沖から国道側を早曳きしてみます。

濃霧の後、爽やかに晴れ渡った中禅寺湖

ドジャーを外し、素曳きにシステムチェンジ。船速は時速4km~5km前半。
高活性のホンマスがいればいただきなはずです。

12番沖から男体山を臨む

ルアーは三山工房のウィングタイプと、アクアロケットを使用。
金谷まで流し、そのまま湖を横断して松ヶ崎まで抜けますが、全く反応無し。

今日は早い勝負は駄目だと判断し、橋村ルアーの素曳きにチェンジ。
船速も時速3kmに落とします。

直後に大日ワンド沖で、狙い通り"ジジジーッ!"
30cm台のホンマス。型は上がりませんが、反応は即座に返ってきました。

レイクトラウトとホンマスを追加して終了

18時の終了まで時間が無いので、無理に粘らず有望そうなコースを通していきます。

大日岬を抜けて勇助和田へ入るところで、50cmに満たないレイクトラウト。
そのまま流し、上野島寄りで来たのはホンマス。これも30cm台です。

果たして自分の読み、選択は正しかったのか?正解ならばABUのシンクロがファンファーレを鳴らす...!

上野島から八丁まで直線横断途中に、またも小さいレイクトラウト。
相変わらず、ストラクチャーの無い中層にフラフラしているようです。

ムジナ窪に入ってから栂の間で、ラストに"ジジジジジジーッ!"
バイトと重さ、そして魚探の反応から40cmほどのヒメマスだったと思いますが、残り3色くらいでフックアウト。
恐らく口切れです。これは惜しい。

毎度のことですが、これから良い時間なのにな~と名残惜しみながら、18時前に帰港しました。

結局午後は、ホンマス2本、レイクトラウト2本で終了

レイクトローリングは考える釣り…振り返り

初めて丸1日レイクトローリングをしてみて、世界観が少し変わりました。

ショアから立ち込んで釣っていると、何て優雅な釣り(というか漁)なんだと感じますが、実際船上では色々なことを考え、試行錯誤しています。

考え方も管理釣り場のトラウト、および湖のルアーキャスティングに近いかもしれません。
機動力と直撃性から、"魚はいる"という前提から入る釣りなので、いかに活性の高い魚がいる場所や層を見極め、どのように口を使わせるかのゲームと言って良いかと思います。

ルアー選択、アクション、誘い方、トレースの仕方、システムの組み方、時合、回遊コースの読み、地形を計算に入れた場所選択…トップウォーター以外、湖のトラウトフィッシングの縮図があるような気がしました。

管理釣り場やショア・ボートからのキャスティングゲームをやっているからこそ分かる部分もあるのですが、逆にトローリングをやっているからこそ分かる部分も多そうです。

例えば、水温が上がってくると魚はこういう場所にいるのか、ここは魚影が濃いんだな、こういう地形になっているんだな、この時期の時合はこのくらいの時間帯なのか、魚探に映った魚が釣れるわけではないんだな、などなど。

今年はこれから、もう少しトローリングの経験を積んでみたいと思っています。

スポンサーリンク

フィッシングデータ

釣行日
2013年7月4日(木)
水温・気象状況
  • 水温 : 17.8度
  • 天気 : 晴れ時々曇り
  • 風向き : 北東~西
タックル
  • ロッド : tailwalk STILL BREAKER 10'10'' Sixfour x 2(後竿), alpha tackle Profighter 潮船 LC 80-240, alpha tackle Profighter 沖船 LC 80-240(前竿), TENRYU Laguna LN1003L(早曳き後竿)
  • リール : ABU ambassadeur 7000, 7000C3(後竿), ABU ambassadeur 6500C x 2(前竿), ABU ambassadeur 7200(早曳き後竿)
  • ライン : Cabela's LEAD CORE 18lb(後竿), PE(前竿)
  • ルアー : 橋村ルアー(角)、GMルアー(角)
釣果

ホンマス8本、ヒメマス2本、レイクトラウト4本

フィールドマップ

大きい地図で見る (Google Mapsへ)

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

ルアーフィッシングマニアのフィード登録はこちらから

この記事と関連したルアーフィッシング釣行記録はこちら

全ての釣行記録一覧を見る

この記事に寄せられたコメント [ 0 件 ]

現在、コメントは寄せられていません。

この記事へ意見・感想・質問を寄せてみましょう

Contact form

スポンサーリンク