トラウトルアーフィッシング釣行記録

あづみ野フィッシングセンター2013年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。アットホームな雰囲気と美しい水、そしてパワフルな魚に癒やされる!

アットホームな雰囲気!あづみ野フィッシングセンター 2013年第1戦目

大変残念なのですが、9月19日を以て2013年の中禅寺湖が閉幕。禁漁になってしまいました。
となれば開幕するのは、"ザ・管釣りシーズン"。

毎年恒例の長野遠征を、この時期に決行です。
管理釣り場は2013年7月25日のFISH・ON!鹿留釣行以来となります。

今回はN@O氏と一緒に、あづみ野フィッシングセンター鹿島槍ガーデンで癒やされる2泊3日の旅です。

スポンサーリンク

それは道路脇にポツンとあった

午前6時、安曇野インターチェンジに到着。
食事をしようにもどこも開いていなく、なんとかすき家に入って腹ごしらえ。
前はロイヤルホストもデニーズも開いていたのですが、軒並み8時開店になっていました。

エネルギー補給後、重柳交差点からオリンピック道路に入り、しばし道なりに行くと看板を発見。
道路脇にポツンと、あづみ野フィッシングセンターがあります。

ジョークがわかるオーナーと軽く会話を交わし、いざ勝負!

安曇野が育む大自然の中に、ぽつんとあります

アットホームな管理釣り場

元々養魚場だった場所ということで、広さはありません。
しかし水の綺麗さと魚の大きさ・元気さは、鹿島槍ガーデンに負けず劣らず。
少なくとも、東京では絶対に味わえませんね。

広いフィールドではありませんが、周りに遮るものが何も無い上に水が超綺麗なので、とても気持ち良いです

何より釣り人のことをいつも気にして、声を掛けて回るオーナーが最高です。
釣れていないと噴水を出したり、ペレットを巻いたりエンターテインメント精神を忘れません。

あの手この手で引きずり出す

広さや水深が無い上に魚も大き目、加えて完全キャッチ&リリースなので、当然スレまくっています。
素直なリトリーブでは、なかなか厳しい状況。

この日はアンダー1g~1.5g前後のライトスプーニングを軸にしながら、60mmほどのシャッドを織り交ぜ、時折トップウォーターやクランクベイトを入れていく戦術。
激渋パターン時とペレットお祭りパターン時の、攻め方の切り替えがキモになります。

掛ければパワフルな引き心地!あの手この手でスイッチを探し回ります

激渋パターン時の、私の主な攻め方

  • ボトムを少し切ってステディリトリーブ、時折福田巻き(スプーン)
  • ボトムダンス(スプーン)
  • ボトムバンプ(スプーン、ウェイトチューン済みシャッド)
  • ボトムデジ巻き(スプーン、ウェイトチューン済みシャッド)
  • 中層でショートピッチのジャーキング(サスペンドシャッド / サスペンドミノー)
  • 中層でシェイキングリトリーブ(スプーン)
  • 水面ホットケ(シケイダー)

どれもヒレが整っていて、よく走る...綺麗な水と、きちんとした餌やりの成果ですね

スポンサーリンク

ペレットお祭りパターン時の、私の主な攻め方

  • 水面ホットケ(ペレットカラーのクランクベイト)
  • 水面直下をステディリトリーブ(スプーン)

N@O氏もパターン探しに奔走...結果的には、私以上に釣っていました

N@O氏、ロクマルオーバーをゲット

夕方になって活性が上がってくると、N@O氏がパターンを掴み、ステディリトリーブでも連続ヒット。
そして大物の臭いを嗅ぎ付け、鼻曲がりを引き出してくれました。

メジャーを持ってなかったので計測しませんでしたが、堂々のロクマルオーバーです。

N@O氏、夕方のベストタイムに食い気が出てきた大型魚を仕留める!

2人とも初のあづみ野フィッシングセンターを満喫し、午後5時に納竿しました。

少し渋め!振り返り

初の釣り場で勝手がわからない上に、この日は天気がすこぶる良い日。
日中はピーカンの中、何と半袖で釣りをしていました。
水深1.5mの超クリアポンドは、正直かなりセンシティブな状況でした。

北側にポジションを取ると幸せ

水の流れが良いのは、ポンドの北側のようです。
当然魚のやる気もあるようで、コンスタントに上げている常連さん達は、皆さん北側に入っていました。
岸際は数少ない縦ストラクチャーで流れの変化も出やすいので、岸と平行に狙うことも重要なようです。

大物はボトムを狙うべし

60cmオーバーの大物は、ボトムに張り付いていることが多いようです。
大物狙いの常連さんは、手を変え品を変え、ひたすらボトム狙いでデカブツを何本も釣っていました。

リーダーの選択が難しい

私も何度か60cmオーバーを掛けたのですが、思い切り走られると他の魚にラインが引っかかり、ブレイクが多発。
リーダーの号数を上げると、今度は食いが悪くなるという悪循環。

結局6X(3.5lb)をメインで組み立てていたのですが、オーナーのオススメは4lb以上だそうです。
大物を狙うのか、小物でも数を狙うのか。タックル自体をはっきりと分けた方が良いと感じました。

さて、翌日は1年ぶりの鹿島槍ガーデンです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィッシングデータ

釣行日
2013年10月22日(火)
水温・気象状況
  • 水温 : 未計測
  • 天気 : 晴れ
  • 風向き : 未計測
タックル
  • ロッド : ufm SS-62EXL・改, SHIMANO CARDIFF 56UL-B
  • リール : DAIWA 05 EXIST 1003, SHIMANO 05 CALCUTTA 51
  • ライン : VARIVAS SUPER TROUT AREA Master Limited PREMIUM PE 0.2号 + Seaguar Real FX 0.8号 or VARIVAS SUPER TIPPET MASTER SPEC 6X(EXIST), VARIVAS SUPER TROUT AREA Master Limited [SVG] NYLON 3lb(C51)
  • ルアー : 0.7g~1.5gスプーン, クランクベイト, シャッド, ミノー, シケイダー
釣果

ニジマス(レインボートラウト), ブラウントラウト

フィールドマップ

大きい地図で見る (Google Mapsへ)

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

ルアーフィッシングマニアのフィード登録はこちらから

この記事と関連したルアーフィッシング釣行記録はこちら

としまえんフィッシングエリア 2017年第1戦目

としまえんフィッシングエリア 2017年第1戦目

としまえんフィッシングエリア2017年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。約2年ぶりの管理釣り場釣行で内心ドキドキ...実際は、アタリの出し方もルアーローテーションもなんとか大丈夫!

としまえんフィッシングエリア2017年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。約2年ぶりの管理釣り場釣行で内心ドキドキ...実際は…

2017年2月13日

としまえんフィッシングエリア 2014年第3戦目

としまえんフィッシングエリア 2014年第3戦目

としまえんフィッシングエリア2014年第3戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。強風の合間を縫ってキャスト、掛けの釣りと乗せの釣りを使い分けて、数を稼ぐ!

としまえんフィッシングエリア2014年第3戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。強風の合間を縫ってキャスト、掛けの釣りと乗せの釣りを…

2014年12月25日

西武園ゆうえんちフィッシングランド 2014年第2戦目

西武園ゆうえんちフィッシングランド 2014年第2戦目

西武園ゆうえんちフィッシングランド2014年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。約10ヶ月ぶりのエリアゲームは、感覚を取り戻すリハビリゲーム!

西武園ゆうえんちフィッシングランド2014年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。約10ヶ月ぶりのエリアゲームは、感覚を取り戻す…

2014年11月27日

としまえんフィッシングエリア 2014年第2戦目

としまえんフィッシングエリア 2014年第2戦目

としまえんフィッシングエリア2014年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。アングラーが少なく、願ってもない低プレッシャー!アンダー1gで水面直下を狙い、文字通り大爆発!

としまえんフィッシングエリア2014年第2戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。アングラーが少なく、願ってもない低プレッシャー!アン…

2014年2月13日

西武園ゆうえんちフィッシングランド 2014年第1戦目

西武園ゆうえんちフィッシングランド 2014年第1戦目

西武園ゆうえんちフィッシングランド2014年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水が澄んでいて、トラウトもハイプレッシャー...望み通りのテクニカルゲームを堪能!

西武園ゆうえんちフィッシングランド2014年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水が澄んでいて、トラウトもハイプレッシャー..…

2014年1月30日

としまえんフィッシングエリア 2014年第1戦目

としまえんフィッシングエリア 2014年第1戦目

としまえんフィッシングエリア2014年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水温低めで低活性...リトリーブスピードの変化と細かいレンジ刻みがポイント!

としまえんフィッシングエリア2014年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。水温低めで低活性...リトリーブスピードの変化と細か…

2014年1月23日

全ての釣行記録一覧を見る

この記事に寄せられたコメント [ 0 件 ]

現在、コメントは寄せられていません。

この記事へ意見・感想・質問を寄せてみましょう

Contact form

スポンサーリンク