トラウトルアーフィッシング釣行記録

中禅寺湖2014年第1戦目のトラウトルアーフィッシングレポートです。まさかのレイクトラウト祭りで、ショアから10本オーバー!最大75cm!

ショアからレイクトラウト13本!中禅寺湖 2014年第1戦目

2014年2月にとしまえんフィッシングエリアに行って以来、約1ヶ月半ほどルアーを投げていませんでしたが、それは全てこの日のため。

ロデオクラフト・M.T.レイクスを大人買い。

聖地解禁まで釣行を控えて、M.T.レイクスを大人買い!

全てはネイティブの、"価値ある1本"を仕留めるため。
2014年、聖地・中禅寺湖開幕です。

スポンサーリンク

じゃあどこに入るか、ここでしょ!(午前編)

高まる鼓動を抑えつつ、現地に到着したのは午前5時半。
回数券を購入して、いざポイントへ。

風はほとんど無く曇っていますが、全く寒くありません。
絶好の釣り日和です。

雪景色と静かな水面に、期待せざるを得ません

2013年の聖地・中禅寺湖開幕戦は金谷ワンドからスタートしましたが、今回は悩んだ末に丸山周辺からスタート。
地形の変化を見つつ、ミドルレンジとディープレンジが交差するところを狙っていきます。

さて、狙い通りレイクトラウトは反応してくれるでしょうか…。

まずは2014年の1本目

開始2投目。
シーレーベル・プロビア18gでボトム付近を細かくノッキングしていると、ピックアップ直前にググンッという生態反応。

"いきなり?"という若干の拍子抜け感と、"狙い通り!"という喜び。
自信を持ってアッパーフッキング!

カワイイですが、貴重な2014年の1本目

32cmのレイクトラウトです。
サイズは置いておいて、2014年の1本目。素直に感謝です。

続けて2本目

その10分後、またしても同じメソッドで同サイズのレイクトラウトがヒット。

このサイズがスクールしているようですね

あれ、活性高いのかな?ということで、ルアーをロデオクラフト・M.T.レイクス77・19gにチェンジします。
ボトム系の攻めで結果が出ることがわかったので、今度はボトムを切って攻めてみるためです。

この時、このルアーが1日を通してエクセレントな武器になることを、全く予想していませんでした。

浮かせて獲る

着底させて2-2-5から探り始めますが、反応が出ません。
朝方は恐らくボトム近辺に張り付き気味だと思いますので、スイッチを入れてあげなければならないようです。

2-2-5から、スピンスライドフォール中に細かくシェイクを3回入れて数秒後。
狙い通りゴゴーンッ!

ボトムを切ってバイトしてきたレイクトラウト

この日3本目。サイズは上がりませんが、元気にバイトしてくれます。
ボトムを切っても食ってきた…恐らく、考え方と攻め方はこれで合っているはずです。

怒濤のレイクトラウトラッシュ!

その50分後。
カラーローテーションしてシェイクを織り交ぜた2-2-5で探っていると、ゴゴーンッ!

若干サイズアップするも、イマイチなサイズ

4本目。少しサイズアップするも、37cm。
なかなか型は上がりませんが、獲れるだけ獲ってみます。

30分後。
場所を細かく移動しながらカラーローテーションも加えて、シェイクを入れた2-2-3からスピンスライドフォールでドーンッ!

トリッキーな誘いに乗ってくれたレイクトラウト

5本目。まだまだ、スプーンのサイズが大きく感じるお子様サイズです。

50分後。
2-2-5のセットから、シェイクのショートスライドを入れてゴゴーンッ!

やっと40cm台...微妙にサイズアップ

6本目。ようやく40cmの壁を越えます。
ここまで長かった…。

1時間50分後。少し食い渋ってきたようです。
朝よりも若干浅めのレンジで、着底後のフリップから2巻きだけのショートスライド。
スピンスライドフォール中にゴーンッ!

元気な30cmクラスの猛攻...

7本目。サイズが朝に戻ってしまいました。

どうやらこの日、奇跡的に私の攻め方は湖の状況にアジャストできていたようです。
午前中だけで7本とは、若干恐ろしい…。午後は場所を変えて頑張ることにします。

スポンサーリンク

じゃあどこに入るか、ここでしょ!(午後編)

午前中の感触から、地図上のポイント名に捕らわれず、"イメージに適合する地形を有する場所"を探していきます。

観音薙から六番の間を見てみますが、どうも水中の地形が今日のイメージと違う…数投して早々に見切ります。

場所を変え、12番からポンプ小屋までのストレッチに入ることにします。
狙いのレンジに送り込むため、遠投勝負です。

ホットスポットを探し当てる

水深の変化がある場所を探し回り、見つけたホットスポット。
午前中連発したレンジと変化のイメージに近い場所です。

ルアーは午前中と変わらず、ロデオクラフト・M.T.レイクス77・19g。
シルバー系で押してみますが、反応がありません。

ゴールド系にチェンジし、同じ場所、同じコースに打ち込みます。
2-2-5のセットから、シェイク付き2-2-3…ゴーンッ!

ここまでの今日一番も、50cmに届かず...

8本目。47cm、ここまでの今日1番です。カラーチェンジでいきなり食ってきました。
体色が濃い、格好良い魚です。

15分後。
場所を少し移動し、再び遠投。
着底後、フリップからのフォールでゴゴーンッ!

着底直後にバイトしてきたレイクトラウト

9本目。サイズは大したことありませんが、若干浅めのレンジで着底直後に食ってきました。

スーパーストライク!ナナマルのレイクトラウト

"よしよし、この場所で合ってる…!"
場所を休ませながら、ストレッチを行ったり来たりします。

ゴールド系のカラーで転がし、遠投。
2-2-5を2セットした後、細かくロッドティップを動かして、シャローに追い詰められてパニックに陥ったベイトをイメージします。

1mほどボトムを切って、食わせのシェイキングをしていた時でした。

突然ロッドティップがドンッ!と引き込まれる、重いバイト。
体は瞬間的にアッパーフッキング。

重い。明らかに今までの魚とは違う重量です。
ロクマルくらいかなと思いながら寄せてくると、意外にトルクフル。

2013年4月の本栂を思い出します。
"ひょっとしたら、ナナマルはあるかも…?でもこの重量なら、ハチマルは無いな…。"

ドラグを何回か引き出され、ようやく寄って来ました。
背ビレから覗く魚体は、結構ビューティフル。確実にナナマルはあります。

慎重に寄せてきて、無事ネットイン。
重量感は充分!記念すべき10本目は、今日1番、75cmのレイクトラウトです。

M.T.レイクスをバックリ咥えた75cmのレイクトラウト

ここで食え!という願いを込めた食わせのシェイキングに、狙い通りスーパーストライク!
恐らくその前のセットから、追って来ていたのだと思います。

一応、メジャー付きの証拠写真を...

これで2013年5月にハチマルを獲って以来、2シーズン連続のナナマルオーバーゲットです。

レイクトラウト祭りは、まだ続く…

"まだまだ出る!"
そう確信し、キャストを続けます。

30分後。
休ませたストレッチに再び入り直し、2-2-5の2セット目。
ロングスライド中にゴゴゴッ!

ロングスライド中にバイトしてきたレイクトラウト

11本目。サイズは42cmでしたが、素直に2-2-5で食ってきてくれたので、納得の1本です。

20分後。
1-2-3から2-2-3、最終セットにシェイク付き2-2-3でドンッ!

変則セットにバイトしてきたレイクトラウト

12本目。恐らく1回釣られたか何かに襲われた個体で、カンヌキと胸ビレあたりが傷付いていました。

15分後。
2-2-3からのスピンスライドフォール中にゴゴッ!

将来が楽しみなグッドコンディション

13本目。小さい個体ながらも、丸々太っていました。

そしてアタリが遠のき、納竿

まだまだ出るかと思いましたが、17時を過ぎるとアタリがピタリと止まってしまいます。
ルアーチェンジやカラーチェンジをしながら再びストレッチを流してみますが、反応無し。

薄暗くなってきたので、17時45分頃、納竿しました。
シーズンを占う1戦目は、上々の滑り出しになりました。

出来過ぎの開幕戦…振り返り

結局、15バイト13キャッチ。

レイクトラウトのみでしたが、ショアからのキャスティングで1日13本は、当然新記録でした。
中禅寺湖で数釣りできる日が来るとは、思ってもいませんでした。

こんな奇跡が起こったのだから、何か良くないことが起こるのでは…。
帰りの運転がいつも以上に慎重になったことは、言うまでもありません…。

今回釣れた75cmのレイクトラウトは、数釣りできたことも相まって、とても印象深い魚となりました。「メモリアルフィッシュまとめ」に追加しました。

メモリアルフィッシュまとめ
メモリアルフィッシュまとめ

釣り人には必ず、忘れられない魚との出会いがあるものです。大きさはもちろん、思い通りのヒットやエキサイティングなヒット。そんな忘れられない、メモリアルフィッシュが釣れたトラウトルアーフィッシング釣行記録をまとめてみました。

1日13本は、ショアからのキャスティングとしては1日の最高尾数となりました。「ネイティブフィールド数釣り釣行ベスト20」にも追加することができました。

ネイティブフィールド数釣り釣行ベスト20
ネイティブフィールド数釣り釣行ベスト20

ビッグトラウトには、もちろん出会いたい。でも、ネイティブフィールドでトラウトが沢山釣れるのも楽しい!そんな"根こそぎゲーム"の釣行記録を集めてみました。

ちなみに今回使用したスライドスプーンについては、下記コラムで徹底解説しています。
こちらも是非チェックしてみてください。

スライドスプーン ~ミノーのようにスプーンを操る攻撃的スプーニング~
スライドスプーン ~ミノーのようにスプーンを操る攻撃的スプーニング~

湖のスプーニングに革命を起こしたスライドスプーン。ミノーのように誘い、攻めるその攻撃的なスプーニングは、一体どのようなロジックで成り立っているのでしょうか。スライド系スプーンの特長と使い方を解説します。

M.T.レイクスの特長や使い方については、下記コラムで徹底解説しています。

M.T.レイクスを使って湖でトラウトをザクザク釣る方法
M.T.レイクスを使って湖でトラウトをザクザク釣る方法

スライド系スプーンのパイオニアであり、ジャンル内で最もポピュラーなルアーであるM.T.レイクス。湖でこのスプーンを操り、各層にいるトラウトをキャッチしていくためのヒントをまとめてみました。

発想の転換

今までのシーズンとの最大の違い、それは発想の転換でした。
これまではどちらかというと回遊を待つスタイルでしたが、この日は逆で、魚を探すスタイルで通してみました。

また、"そこに魚がいるとしたら、どういうアプローチをするだろうか"という視点で組み立てました。
イメージは管理釣り場そのもので、トレース角度・コース、リトリーブスピード、カラー、動き、シルエット、レンジ…あらゆる要素をコンバインさせました。

反応が無ければ魚がいないと判断でき、結果的に場所の見切りも早くなりました。
理想に近い地形を求めるようにもなり、常に確率が高いフレッシュなエリアを攻め続けられたと言えます。

仕掛ける楽しさ

スライドフォールアクションがあるスプーンを使うことで、ミノーと同じように"食わせの間"を作り出すことができます。
仕掛けて掛ける楽しさ、ゲーム性が素晴らしいと思います。

このアクションセットで食え!…ドンッ!
答えが出た瞬間はまさに、超エクスタシーです。

聖地に行きましょう

この日は解禁3日目。
平日ということもありましたが、やはりアングラーは少なめだと思います。

記事を読んで少しでも感じるものがありましたら、是非聖地に足を運んでみてください。
私はボートの解禁まで、引き続きショアから頑張ってみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィッシングデータ

釣行日
2014年4月3日(木)
水温・気象状況
  • 水温 : 未計測(おそらく3度~4度)
  • 天気 : 曇りのち雨
  • 風向き : 南東
タックル
  • ロッド : ufm TSS-88Ti
  • リール : DAIWA 05 EXIST 2508
  • ライン : VARIVAS SUPER TROUT Advance Max Power PE 1号 + Seaguar R18 FLUORO LTD. 10lb
  • ルアー : 18g~19gスプーン
釣果

レイクトラウト13本

フィールドマップ

大きい地図で見る (Google Mapsへ)

面白い!ためになった!と思ったら、この記事をぜひシェアしてください

ルアーフィッシングマニアのフィード登録はこちらから

この記事と関連したルアーフィッシング釣行記録はこちら

全ての釣行記録一覧を見る

この記事に寄せられたコメント [ 2 件 ]

おぉ〜!素晴らしい!素晴らしい!ハラショー(≧∇≦)
来週が楽しみだ!

Posted by N@O / 2014年4月7日12:43

> N@O氏

うむ…獲りましょう。

Posted by NARI / 2014年4月7日22:30

この記事へ意見・感想・質問を寄せてみましょう

Contact form

スポンサーリンク